東北電力の沼畑秀樹・執行役員青森支店長は17日、輸入燃料の価格高騰を受け6月分の電気料金が過去最高の8565円(標準家庭モデル)となることについて、8、9月分まではこの水準が続くとの見通しを示した。燃料高に加え、円安なども影響するという。青森市のアスパムで開いた定例会見で見解を述べた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から