全校児童とともに、ステージ上で「幸畑の子」を合唱する卒業生

 青森市の幸畑小学校(全校児童297人)の卒業生と全校児童が27日、開校時から“第二校歌”のように親しまれてきた「幸畑の子」を十数年ぶりに合唱した。学校創立40年の節目を迎え、久々に校舎に響いた懐かしの歌に、保護者や来賓ら500人から大きな拍手が送られた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。