弘前市立病院の患者数の推移などを説明する職員

 青森県弘前市の中核病院整備について考える「市民カフェひろさき」が27日、弘前文化センターで開かれた。近年厳しい経営が続いている市立病院の職員が決算の現況を説明。出席者からは、患者の情報などを新中核病院へ速やかに移行するため、早急に電子カルテの導入を求める声が上がった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から