青森県は27日までに、2017年度の県内産直施設と道の駅を合わせた年間販売額が、16年度比1.2%(1億5千万円)減の123億円だったと発表した。野菜の市場価格が16年度より低下して産直の割安感が薄れたことなどから5年ぶりに前年度を下回ったが、3年連続で120億円台を維持し、16年度に次いで過去2番目に多かった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から