マリエント近くの磯辺でサケの稚魚を放流するクラブ会員たち

 八戸市水産科学館「マリエント」(吉井仁美館長)主催の学習クラブ「ちきゅうたんけんクラブ」が15日、本年度の活動をスタートさせた。会員は来年2月までの月1、2回程度、さまざまなプログラムを通じ、海洋や地球科学などに理解を深める。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から