「食と観光」や「縄文遺跡群」を活用した施策について提言する応援隊のメンバー=16日、東京・飯田橋

 青森県は16日、都内のホテルで県外在住者で組織する「元気あおもり応援隊」と県政の課題に関して意見交換する会議を開いた。「食と観光」や、昨年度に世界文化遺産登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」を活用した戦略・施策について、応援隊員が県側にアイデアを出したり、改善策を求めたりした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から