県は16日、6月3日に青森港(青森市)に寄港予定のクルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」について、受け入れ可能との旨を運航会社に伝えたと明らかにした。新型コロナウイルス患者向けの病床使用率が20%台に収まっていることなどから判断した。県内ではコロナ禍の影響でクルーズ船の寄港が中断しており、2021年4月以来、約1年ぶりの受け入れとなる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から