次々とホタテの大きさを調べる調査員

 陸奥湾内の各漁協と青森県、市町村などによる本年度の春季養殖ホタテガイ実態調査が16日、始まった。初日は湾内7カ所で調査が行われ、半成貝(1年貝)の大きさや異常貝の出現率などを確認した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から