子どもたちが飾り付けた「おがれ山車」(写真奥)などが並ぶ大畑八幡宮の境内で奉納された伊勢大神楽の獅子舞

 大畑八幡宮(青森県むつ市)の渡御行列300年を祝う住民有志の「ミナカダ祭」が27日、同八幡宮で行われた。下北の神楽の源流とされる県内初奉納の「伊勢大神楽」(三重県)、下北各地の伝統芸能、子どもたちがつくった神輿(みこし)や山車(やま)など時代を超えた祭りが集合し、境内は熱気に包まれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。