【青森北-八戸工】後半26分、青森北はCTB岩崎がトライを決め41-12=県総合運動公園陸上競技場
【青森山田-三本木農】前半14分、トライを決める青森山田のFBハニテリ

 第98回全国高校ラグビー大会青森県予選会は26日、青森市の県総合運動公園陸上競技場で準決勝2試合を行い、青森北と青森山田が決勝進出を決めた。青森北は8年連続28回目、青森山田は33年ぶりの決勝で初の頂点を目指す。青森北は前半4分、敵陣ゴール前のラックからCTB岩崎が持ち出し先制トライ。その後もバックスの展開力で敵陣に攻め込んでトライにつなげ、41-12で八戸工に快勝した。青森山田は前半6分にWTB森瀬がトライで先制するも、すぐ追いつかれ、取っては取られる展開に。逆転された後半12分、ナンバー8リサラがトライを決めると、その後も連続トライで強豪・三本木農を42-31で振り切った。決勝は28日午後1時5分から同競技場で行われ、優勝校は12月27日から大阪府の東大阪市花園ラグビー場で開かれる全国大会に出場する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から