「白寿」の発行を続けてきた舘山会長(左)と大川さん

 青森県藤崎町の町老人クラブ連合会(舘山新一会長)が毎月発行している機関誌「白寿」が、5月発行分で創刊200号を数えた。地域の老人クラブによる機関誌の発行は県内唯一。担当者の大川雄弘さん(87)は「苦労して、勉強しながらここまで来ることができた。これからも続けたい」と語る。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から