青森県俳壇を代表する俳人で、俳誌「たかんな」名誉主宰の藤木倶子(ふじき・ともこ)さんが25日午後1時25分、呼吸器不全のため八戸市内の病院で亡くなった。87歳。八戸市出身。自宅は同市河原木河原木後8の1。通夜は近親者のみで執り行う。葬儀は31日午後1時から、同市青葉1の18の7、報恩会館柏崎で。喪主はおいの安藤康男(あんどう・やすお)氏。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から