移動型検体採取ボックス内の患者から検体を採取する手順を説明する佐藤医師(右)

 青森県八戸市の八戸平和病院(濱田和一郎院長)の依頼を受け、八戸工業大学と地元企業2社が共同で開発を進めてきた、車いすの患者がそのまま中に入れる移動型のPCR検体採取ボックス(陰圧ボックス)が完成し、同病院で運用が始まった。外部へのウイルス飛散を防ぐ換気装置を搭載し、新型コロナウイルス感染者を隔離して安全に移動することができる。同病院は、医療スタッフや他の患者への感染防止に役立てたいとしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から