むつ市大畑町で開かれた海峡サーモンの即売会=15日

 青森県むつ市大畑町沖で北彩漁業生産組合が養殖する「海峡サーモン」の水揚げが本格化している。幼魚を育てる地元の養魚場が昨夏の豪雨災害で被災したため、今年の水揚げは前年比2割減の約80トンにとどまる見通しだが、濱田勇一郎組合長は「雨の影響を乗り越えて、水揚げを迎えることができた。津軽海峡で育ったおいしい海峡サーモンを味わってほしい」と話している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。