【八戸北リトル-長者レッドソックス】11大会ぶりの優勝を飾り、ほっとした表情を見せる長者レッドソックスの選手たち=青森市の大進建設スポーツ広場
11大会ぶり2度目の優勝を決め、表彰式で優勝カップや表彰状などを贈られ意気上がる長者レッドソックスの選手たち
【八戸北リトル-長者レッドソックス】八戸北リトル戦の2回から登板、6回まで0点に抑え優勝に貢献した長者レッドソックスの桐山=青森市の大進建設スポーツ広場
5回裏、長者レッドソックス1死一、三塁、東井の右前適時打で3-0とリード

 第13回東奥日報杯争奪リトルリーグ野球県大会(青森・弘前リーグ、東奥日報社主催)は15日、青森市の大進建設スポーツ広場(市スポーツ広場)で、出場3チームによる総当たり方式のリーグ戦の結果、2戦全勝の長者レッドソックスが2010年以来2度目の優勝を果たした。

 長者レッドソックスは、ともに1勝同士となった八戸北リトルとの試合で、1点リードで迎えた五回に単打をつなげて着実に加点。大橋、桐山の粘り強い投球や堅守が光り、4-0で勝利を収めた。

 初戦、湊オーシャンに競り勝った八戸北リトルは、投手小鹿が鋭い変化球で上々の立ち上がりを見せたものの、四回、味方ミスなどで先制点を許し、続く五回に連打を浴びた。