八戸市の蕪島の繁殖地内で撮影されたキツネ=4月22日午前2時半ごろ(市教委社会教育課提供)

 今年3月に国の天然記念物指定100周年を迎えた青森県八戸市鮫町の「蕪島ウミネコ繁殖地」で、今年に入りウミネコが天敵に襲われ犠牲になる被害が急増している。4月下旬から増え始め、今月9日には1日だけで114羽の被害が確認された。市教育委員会は野生のキツネやタヌキに襲われた可能性が高いとみており、対策を進める方針だ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。