事故のあった弘前市のため池。ふちはゴム製の遮水シートで覆われ、傾斜が大きく自力で上がるのが難しい構造になっている

 子どもがため池に転落し、命を落とすなどの事故が全国で相次いでいる。青森県弘前市でも10日、友人たちと釣りをしていた男子中学生が誤ってため池に落ちて亡くなった。他県では犠牲者が出たことをきっかけに、具体的な安全対策を進める動きもあり、専門家は「全ての管理者は当事者意識を持って対応を」と訴える。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。