遺児家庭に対する支援を市民らに呼びかける参加者たち(左側)=14日午後5時半ごろ、青森市のさくら野青森本店前

 病気や災害、自死で親を亡くした子どもたちを支援する「あしなが学生募金事務局」(東京)は14日、青森市と弘前市で、街頭募金活動を行った。新型コロナウイルス禍や生活品の値上がりで困窮する遺児家庭を支えるため、約2年半ぶりに実施した。寄付金はあしなが育英会を通じて、全国の遺児家庭の奨学金などに役立てられる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から