準決勝の韓国戦でプレーする志田(左)、松山組=バンコク(ゲッティ=共同)

 バドミントンの団体世界一を決める国・地域別対抗戦、女子ユーバー杯と男子トマス杯の第6日は13日、バンコクで準決勝(3戦先勝方式)が行われ、日本女子は韓国に0-3で完敗し、2大会ぶりの優勝はならなかった。シングルスの山口茜が競り負け、ダブルスの志田千陽=青森山田出、松山奈未組(以上再春館製薬所)は完敗。最後はシングルスの奥原希望(太陽ホールディングス)がフルゲームの末敗れた。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から