動詞「つがる」のポスターが張り出されたつがる市のアンテナショップ=11日、東京・新宿区

 青森県つがる市の木造高校(大瀬雅生校長)の生徒と首都圏の女子大生が「つがる」という、新しい動詞を独自に考案し「新解釈つがる辞典」と名付けた広告としてまとめた。13通りの意味を持たせ、「外見も内面も美しくなる」「うまく受け流す」などいずれもユニーク。11日から東京・神楽坂にある同市のアンテナショップ「果房メロンとロマン」で公開している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から