各学校の校長に対し、感染防止対策を徹底するよう求めた和嶋教育長(左から2人目)=13日午前

 青森県内の高校などで新型コロナウイルスの感染が拡大し、部活動関連でクラスター(感染者集団)発生が相次いでいることを受け、県教育委員会は13日、県立学校と私立高校の校長ら計85人をビデオ会議システムでつないで臨時校長会を開き、感染対策の徹底を呼びかけた。今後は活動を制限せず、練習試合の感染対策を強化し、活動時の感染対策チェックリスト項目を増やして対応する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から