焼け焦げた切り株などが残る火災現場=12日午後、十和田市法量(小型無人機で撮影、三八上北森林管理署提供)

 青森県十和田市法量で9日に発生した林野火災は12日午前8時半、延焼の危険がない鎮圧状態となった。焼損面積は推定で約20万~25万平方メートル。同日午後11時時点でまだ鎮火に至っておらず、13日朝から引き続き消火活動を行う。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から