青森県内6児童相談所が2021年度に対応した児童虐待相談は1693件で、20年度の1749件に次いで過去2番目に多かったことが12日までに、県こどもみらい課のまとめで分かった。千件を超えるのは5年連続。同課は、虐待を相談しやすい環境が整ってきたことなどから高止まりが続いているとみている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。