長部さんの遺骨と遺影の前で「よく笑う人だった」とほほ笑む真知子さん=24日午後、東京・成城の自宅
長部さんが生前残したメッセージ。自らパソコンで打ち込んだという

 青森県弘前市出身の直木賞作家・長部日出雄さんが亡くなったという報道があった24日、長部さんの親族、作品を世に送り出した地元出版社、県内外の文学関係者からは「まだまだ元気と思っていたのに」「ショック」と突然の死に驚きの声が上がった。一方、長部さんが作品などを通じて郷土への愛情を表現し続けたことについて感謝を口にする人たちも多かった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。