消毒ポイントの作業を終え、看板に「終了」の表示を張り付ける県職員=11日午前0時、横浜町吹越の南地区交流センター前

 青森県横浜町の養鶏場で4月に発生した高病原性鳥インフルエンザについて、県などが行ってきた一連の防疫対策が11日午前0時に終了した。1例目の発生から1カ月余りで終息したことに、地元関係者や町民は胸をなで下ろしていた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から