選対会議であいさつする大西選対委員長(中)=6日午前、青森市

 立憲民主党の大西健介選対委員長は6日、同党現職・田名部匡代氏が再選を目指す夏の参院選青森県選挙区(改選1)について「最重要区」との認識を示し、共産党など野党間の候補者調整を優先的に進めるとの見解を述べた。青森市内で開かれた立民県連の選対会議で明らかにした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から