【陸上男子100メートル決勝】金メダルを目指して力走する佐々木選手(中)=8日、ブラジル(日本デフ陸上競技協会提供)

 ブラジルで開催されている聴覚障害者の国際総合スポーツ大会「デフリンピック」陸上男子100メートルで金メダルを獲得した佐々木琢磨選手(28)=青森県五戸町出身、仙台大職員=が10日、東奥日報に「金メダルを取れて本当に良かった。やり切った感覚。400メートルリレーは2連覇を狙う」とコメントを寄せた。日本デフ陸上競技協会によると、男子100メートルでのアジア人の優勝は初めて。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から