2002年に弘前市の吉井酒造煉瓦倉庫で開かれた「奈良美智展」の展示スペース。2カ月近い期間に約5万9千人が訪れた

 青森県弘前市の弘前れんが倉庫美術館で9月から来年1月まで、同市出身の美術家・奈良美智さんの過去の展覧会を振り返る企画展が開かれることが10日、同市への取材で分かった。美術館になる前の吉井酒造煉瓦(れんが)倉庫で2002年に初めて開いた奈良美智展から今年で20年になることを記念し、ボランティアが主体となって運営した当時の展覧会や、煉瓦倉庫の歩みをたどることができる展示内容にする。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。