1階エントランスホールの一覧ボードにネームプレートを入れる工藤センター長(右)と佐々木連合長

 つがる西北五広域連合が運営するつがる総合病院(青森県五所川原市)は本年度、「消化器センター」を新設した。医師1人をセンター長として配置し、「消化器内科」と「消化器外科」の間に入って連携強化を図り、効率的な治療を後押しする。9日、同病院で銘板(ネームプレート)設置式を開いた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。