発生から3時間経過後も延焼が続き、白煙に包まれる林野火災の現場=9日午後2時55分ごろ、十和田市法量夏間沢周辺

 十和田消防本部によると9日午前11時50分ごろ、「十和田市法量で山が燃えている」と通行人から119番通報があった。現場は同市法量夏間沢周辺の林野で、国道102号の北側。消防によると、午後3時50分時点で4万平方メートルを焼いた。消防車両15台以上が出動したが、夜間は消火活動に危険が伴うため、同6時ごろに中断。同11時現在、鎮圧、鎮火には至っていない。10日早朝に消火活動を再開する。十和田署によると、けが人はいない。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から