アトリエで作業する森さん。写真奥のパソコンは3台目の「相棒」
森さんのフェイスブック(FB)のページ。ある日の投稿には、更新して約半日で438人から反応があった

 青森市の77歳の画家・森壽男さんは、インターネットで積極的に作品を発信し、会員制交流サイト(SNS)でつながるファンは7600人を超える。海外からのコメントや、SNSで森さんの個展を知り長野県から見に来た人もいるという。森さんは「いいね!(SNSでの好反応)は、すごく励みになる」と話し、出会いを糧に創作を続けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。