高齢女性が車にはねられて亡くなった事故現場=4月6日、八戸市柏崎

 今年に入り、青森県内の交通事故による死者数が増えている。1日現在の人身事故の発生件数は715件(前年同期比70件減)と減少傾向にあるが、死者数は12人(同7人増)と前年同期の2.4倍。このうち車が歩行者に衝突した事故死は6人と半数を占めており、大型連休で外出機会が増えていることなどから、県警は安全運転を呼びかけている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。