「最高のパフォーマンスを見せたい」と意気込む木村さん=4日、青森市の青森大学
出口さん(右)から紙飛行機の折り方を学ぶ木村さん

 13、14日にオーストリアで開かれる、紙飛行機の技を競う世界大会「Red Bull Paper Wings 2022 World Final」に青森市の青森大学忍者部・部長の木村太伊華(たいが)さん(社会学部4年)が日本代表として出場する。木村さんはパフォーマンスの独創性を競う「曲芸飛行」部門で、忍者の衣装を身にまとい得意のアクロバットを織り交ぜた演技を披露する予定で、「日本の文化を世界に広められるよう、最高のパフォーマンスを見せたい」と意気込んでいる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。