傘寿を迎え、互いの健康を気遣う弟の英継さん(左)と兄・拓朗さんの双子兄弟

 同じ時、同じ父母から生を受け、現在は青森市と中泊町に離れて暮らす双子の兄弟が29日、傘寿の節目を迎える。別々の仕事に就いた後、互いに家庭を持って数十年が過ぎた。老境を迎えた今、そっくりな風貌を前に、互いの長寿を願う言葉に優しさがにじむ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)