寺山顕彰文学碑の前で作品を朗読する堀口中の生徒

 青森県三沢市ゆかりの劇作家・詩人寺山修司(1935~83年)の命日に当たる4日、同市の寺山修司記念館で「修司忌」が開かれた。県内外から訪れた寺山ファンが顕彰文学碑に花を手向けて手を合わせ、今なお多くの人を魅了する奇才に思いをはせた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から