暴風の影響で電柱が倒れて道路をふさいだ市道=4日午後3時半ごろ、八戸市内丸2丁目

 4日の青森県内は、北海道付近を通過した低気圧の影響で気圧の傾きが大きく、強風が吹き荒れた。青森地方気象台によると、八戸市では午前10時46分に最大瞬間風速32.2メートルを記録。県防災危機管理課によると、つがる市で農作業中の80代男性が風にあおられて脚立から転落、軽傷を負った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。