全日本実業団対抗女子駅伝(11月25日・宮城県)の予選会は21日、福岡県の宗像ユリックス発着の6区間、42.195キロで行われ、2時間19分16秒で1位となったワコールなど上位14チームが本大会への出場権を得た。ワコールのアンカー福士加代子(青森県板柳町出身、五所工出)は区間記録を塗り替えた。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から