鬼の面が描かれた木札を太刀で打ち払う山谷宮司

 青森県平川市の猿賀神社で3日、崇敬会大祭が行われ、伝統の「鬼面奉射神事」で悪疫退散とともに新型コロナウイルス感染拡大収束を願った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。