【女子100メートルバタフライ決勝】力泳する相馬あい。2位となった=横浜国際プール(共同)

 競泳の日本選手権最終日は1日、9月の杭州アジア大会(中国)代表の追加選考会を兼ねて横浜国際プールで行われ、女子200メートル背泳ぎは15歳の成田実生(金町SC)が2分10秒45で初優勝した。男子200メートル平泳ぎは花車優(キッコーマン)が2分9秒37で1位。女子の池江璃花子(ルネサンス)は50メートル自由形を24秒78で制し、100メートルバタフライは58秒82で4位だった。相馬あい(青森東-中京大出、ミキハウス)は池江と同じ100メートルバタフライに出場、58秒50で2位。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から