高校生(左)とペアを組み練習する小学6年の選手(手前)。小学生から高校生まで一緒に練習するのがクラブの特徴だ
浪岡ジュニアクラブのメンバー。今年は新たに県外出身の中学生7人、高校生3人も加わった

 青森市浪岡地区のバドミントンチーム「浪岡ジュニアクラブ」。全国屈指の実力者を多く輩出するクラブで腕を磨こうと、この春、県外出身の中学生7人、高校生3人が新たに加わった。県外生は昨年の中高生1人ずつに比べ大幅増。県教育委員会は2029年3月の浪岡高閉校を昨年決めたが、希望を胸に集まった生徒たちはさほど気にしていない様子。市が新たに始めた県外生の引っ越しなどの助成制度も、選手を呼び込むのに一役買っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。