赤石材木店が欧州のメーカーから調達しているアカマツ、トウヒの集成材や合板。仕入れ値は上昇が続いている=青森市

 ロシアのウクライナ侵攻、急激な円安と原材料価格の高騰が、青森県内の住宅建築に影を落としている。昨年から続く「ウッドショック」で木材の供給不足と値上がりが起き、住宅関連設備や資材の調達も困難になっている状況に加え、4月に政府がロシア産の一部木材の輸入禁止に踏み切り、関係者は「長期的に住宅価格が上昇していく」とみている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。