卓球の男子ワールドカップ(W杯)が20日、パリで行われ、シングルス1回戦で15歳の張本智和(エリートアカデミー)は丁祥恩(韓国)に4-0で快勝し、準々決勝に進んだ。丹羽孝希(青森山田出、スヴェンソン)もデンマーク選手を4-1で退け、8強入りした。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から