シンポジウムで下北半島縦貫道路の早期完成を訴えるむつ工業高の生徒たち

 下北半島縦貫道路の早期完成を目指して活動している女性団体「下北未来塾」(清川わか塾長)は20日、青森県むつ市のむつ来さまい館でシンポジウム「下北からのメッセージ」を開いた。自治体関係者や住民ら145人が参加し、下北縦貫道の重要性や必要性を考えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)