月岡芳年展の会場で来館者に作品の特徴や時代背景を解説する小倉館長(左)

 青森県八戸市柏崎の八戸クリニック街かどミュージアムで、開館10周年を記念した春期浮世絵展「月岡芳年(よしとし)展」が開かれている。同館での展覧会は新型コロナウイルス禍で過去2年間中止となっており、開催は2019年秋以来2年半ぶり。幕末から明治の激動の時代に活躍した月岡芳年(1839~92年)の作品を中心に展示し、市内外から多くの愛好者が訪れている。6月19日まで。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から