ソメイヨシノが見ごろを迎えた先週末の弘前公園には多くの観光客が訪れた=24日午後

 東奥日報社は30日、携帯電話大手NTTドコモが提供する「モバイル空間統計」を用いて、全国有数の桜の名所弘前公園(青森県弘前市)の人出の状況を調査した。桜の見ごろの時期に公園や周辺を訪れた人が、今年は新型コロナウイルス感染症流行前の年の6割程度に達していたことが分かった。コロナ禍で迎えた2020~21年に比べ、県外客の割合が高まっている。3年ぶりに政府による新型コロナ対策の行動制限がない春の行楽シーズンとなり、人々の往来が活発化してきた様子が浮かび上がった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。