ご当地グルメ・十和田バラ焼きを東京・用賀(ようが)で味わえる「司 バラ焼き大衆食堂東京組」で、フロアマネジャーの佐々木達也さん(54)は十和田市出身=東京都杉並区在住。開店から約4カ月がたち、「出身者だけでなく用賀の人たちにも来てもらえるようになった」と手応えを語る。

 22歳で地元を離れた佐々木さんにとって、初めて携わる古里ゆかりの仕事。店で扱うゴボウやナガイモは「実家に必ずあった食材」と懐かしむ。

 店員は十和田出身が多く、「ごっちょ」(ごちそう)などとお国言葉で客をもてなす。「東京で十和田の魅力を伝え、広めたい」と言葉に力を込めた。