新型コロナウイルス陽性者数の高止まりが続いている青森県八戸市は28日、市内の教育保育施設を利用する園児と小中学生の保護者に対し、子どもが1~2日間発熱した後に解熱しても登校・登園を控え、感染を疑って医療機関を受診するよう呼びかける文書を配布した。

 市保健所によると、医療機関が休診している土・日曜日などに発熱した子どもが数日で解熱したため、医療機関を受診せずに登校・登園。後日感染が判明して学校や施設で感染が拡大、または感染リスクが増大する事例が市内の医療機関から複数報告されている。担当者は「感染拡大防止の観点から、一過性の発熱でも受診してほしい。かかりつけの医療機関が休診の場合は県のコールセンターに相談を」と呼びかけている。

 また市教育委員会は同日、週末の大会参加が原因で感染が拡大したとみられる事例が市内の学校で発生したことを受け、連休中の大会参加や部活動・愛好会活動の際、児童生徒の健康観察や感染対策を徹底するよう注意喚起するメールを市立小中学校長宛てに送った。