山田高ボクシング部の選手のパンチを受けるシン氏(左)

 日本ボクシング連盟のナショナルコーチで、東京五輪の日本人メダリストを指導したウラジミール・シン氏(67)=ウズベキスタン出身=が27日、青森市のボクシングジム「チャンプスポーツボクシングクラブ」を訪れ、今年3月に行われた全国高校選抜大会で上位に入った青森山田高校ボクシング部の選手らを指導した。選手たちは世界レベルの指導に刺激を受けた様子で、「将来はオリンピックを目指したい」と目を輝かせた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から