5月1日のホーム開幕戦に向け、練習に汗を流すラインメールの選手たち=27日、青森市内

 JFL(日本フットボールリーグ)ラインメール青森は27日、5月1日に青森市の県総合運動公園球技場で行われる第7節のホーム開幕戦(対ホンダロックSC)に向け、青森市内のグラウンドで調整した。敵地での開幕5連戦を2勝1分け2敗の五分で乗り切り、直近の公式戦は2連勝中とチーム状態は上向き。クラブは「開幕戦3000人動員プロジェクト」と銘打ち、積極的な集客作戦を展開しており、柴田峡監督は「気持ちが伝わるような、元気で一体感のあるサッカーをお見せしたい」と宣言した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から