青森財務事務所は27日、1月下旬から4月下旬の県内経済情勢を発表した。総括判断は「新型コロナウイルス感染症の影響により、持ち直しに向けた動きに一服感がみられる」と2020年4月以来、8期ぶりに下方修正した。個人消費の落ち込みが影響し、百貨店・スーパーの販売額が前年を下回った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から